血糖値.jp > ヘモグロビンa1cとは

ヘモグロビンa1cとは

ヘモグロビンa1c

ヘモグロビンa1c(エイワンシー)とは、血管の中でブドウ糖とヘモグロビンが結合したものです。

ヘモグロビンは赤血球の中にある蛋白で、体中に酸素を運搬します。
赤血球の寿命はおよそ120日で、この間体内を駆け巡りながら、徐々にブドウ糖と結合していきます。余っている糖が多いほどヘモグロビンとの結びつきが増えグリコヘモグロビンA1cが多くなります。


血液中のヘモグロビンa1cの値は、赤血球の寿命120日の半分程度の期間の血糖値の平均を表します。

正常値は、4.7~6.2%で、6.5%以上になると "問題あり" と判断されます。
ちなみに、2012年4月からこれまでのヘモグロビンa1c(JDS)値に変わり、国際的に使用されている、新しいヘモグロビンa1c(NGSP)値が使われています。

JDSに比べてNGSPのほうが約0.4%高く表示されますので、制度が変わる以前の数値判断には十分注意しましょう。


もしも健康診断で再検査の通知が来たとか、ちょっと心配だなぁ、という方は、
「耐糖能精密検査(糖負荷検査)」を受けてみることをお勧めします。

受ける際には、正しい値がでるように朝食事前の尿と血液を検査します。
その後普段通りの食事をした後、1時間経った後の尿と血液を検査します。
その後食べ物を口にしないまま、1時間後の尿と血液を検査します。


ヘモグロビンa1cの数値は、医師が診断をするうえでとても重要な数値となります。空腹時や食後で値が違ってくる(日差変動)ヘモグロビンa1cは、このようにして糖の吸収を調べます。

血糖(グルコース、ブドウ糖)は赤血球(ヘモグロビン)と結びついて体内を巡ります。赤血球の寿命はおよそ4か月ですから、その半分の過去2か月の値が出ます。

上がってしまった値を正常な値に戻すには、赤血球の寿命の4か月という期間が必要と言われています。

対策としては、なんだかんだで、毎日の食事管理と運動を習慣化するという方法が基本的な対策となります。そのほかにも、血糖値は食後上がってしまうのですが、その対策として、食事と一緒に飲むだけで、食後の糖の吸収を穏やかにする食品(大正製薬「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」)というものもあります。

このほかにも、こちらの記事→血糖値を下げる食品の一覧表では、血糖値対策として効果が期待できる食品を紹介しているので、よろしければご覧いただければと思います。

あなたにとってどの方法がよいのか?というのは、いろいろ試してみないとわからないと思いますので、あなたに合った血糖値対策をしてみるとよいかと思います。

血糖値対策のススメ
血糖値対策のおすすめ商品ランキングはこちら!


ヘモグロビンa1cの正常値

様々な診断する上で、ヘモグロビンa1cの数値が重要になります。2012年4月からJDSからNGSPへと国際基準になりました。このヘモグロビンa1cの正常値とはどれくらいでしょうか。年代別でも男女別にも、少し値が違うようです。


ヘモグロビンa1cと血糖値

血糖値という言葉はある程度なじみがある、というか浸透していると思います。しかし、「ヘモグロビンa1c」についてはあまりピンとこない、という方も多いように思います。ここでは血糖値とヘモグロビンa1cの関係性って何でしょう。また2つの違いってなんなか。について...。


ヘモグロビンa1cを下げる

いくつかの病気の診断にて重要視されるモグロビンa1cですが、この値を下げるにはどうすればいいのでしょうか。また、急激に下げると血管に衝撃をあたえかねませんので、少しずつ落としていく必要があります。ヘモグロビンa1cの数値はどのくらいの目安で減らすといいでしょう。


ヘモグロビンa1cの検査

ヘモグロビンa1cの検査はいくつかの病気を診断するうえで重要な検査です。なぜ血糖値だけでは診断できないのか。ヘモグロビンa1cと血糖値の検査はどこが違うのでしょう。


ヘモグロビンa1cの基準値

血糖値の他に、診断基準として、ヘモグロビンa1cが2010年から加えられました。このことで、血液検査の正確性も大幅に上がったのではないでしょうか。このヘモグロビンa1cの基準値とはいったいどれくらいなのでしょうか。