血糖値.jp > 血糖値を下げる食べ物と食品 > 血糖値を下げるお茶

知らなきゃ損する!?血糖値を下げるトクホのお茶価格ランキング!

今回ランキングしているトクホのお茶に共通しているポイントは "食後血糖値の上昇を抑える効果が期待できる" ということです。


なぜ、食後血糖値の上昇を抑えることができるのか?

難消化性デキストリンという成分やヤクルトの蕃爽麗茶(ばんそうれいちゃ)に含まれているグァバ葉ポリフェノールなどの成分による効果。

これらの成分を食事と一緒に飲むことで、食事に含まれる糖分が小腸から吸収される速さを遅らせ、食後の血糖値の急激な上昇を穏やかにする働きが期待できる。

つまり、普段から飲まれているお茶などを、この食後血糖値の上昇を抑えるトクホのお茶に置き換えることで、手軽に血糖値対策をスタートすることができるというわけです。
※注意!トクホのお茶を飲むだけで血糖値がグングン下がるというわけではない


ちょっと待って!トクホのお茶にはいくつか種類があって、その多くが体脂肪や中性脂肪に対する商品なので、糖の吸収を穏やかに...というのをしっかりとご確認くださいね


なぜ価格ランキングを作ったの?

これはとても重要なことですが、商品の特性上、一回飲んだらOKというものではないからです。


どういうことかというと、血糖値対策というのはその日だけすればよい、というのもではなく、日々の生活習慣を考え、血糖値が上がりすぎないように体調管理をすることが重要になってくるからです。

つまり、継続することが重要ということですね。


価格が "高い or 安い" どちらが継続しやすいでしょうか。


やっぱり継続して飲むなら安い方が助かりますよね。

でも、ネットでいろいろ調べてみたのですが、トクホのお茶の価格を比較しているサイトが見当たらないんです。


じゃあ、当サイトで価格ランキングを作ってしまおう!


というわけで、この記事を作成することにしました。

血糖値対策ができる有名どころのトクホのお茶(ペットボトル)の価格を比較したいと思いますので、よろしければご覧ください。

それでは5位から順にどうぞ!


※この価格は2016/11/09現在によるものです

第5位 蕃爽麗茶 ヤクルト



500ml×24本 4466円・・・1本186円
Amazonで価格をみる


糖の吸収をおだやかに...というトクホのお茶の先駆けと言ってもいいのが、ヤクルトから販売されている蕃爽麗茶。独特なドクダミのようなにおいがあるので好き嫌いがわかれるかもしれません。

トクホを取得するまでは売れ行きが低迷していたが、2000年にトクホを取得してからは、売れ行きが好調になったのだとか...その陰にはヤクルトレディの方々の頑張りもあるのでしょうね。

価格的にはちょっと高めの設定ではありますが、今現在も血糖値対策のトクホのお茶としては定番の商品と言えるでしょう。


許可表示:グァバ葉ポリフェノールの働きで、糖の吸収をおだやかにするので、食後の血糖値が気になる方に適した飲料です。

摂取上の注意:多量に摂取することにより、疾病が治癒するものではありません。なお、現在、治療を受けている方や病気の疑いのある方は、医師などの専門家にご相談のうえご使用ください。

成分【100mlあたり】
熱量0kcal、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物0g、ナトリウム9mg、グァバ葉ポリフェノール35mg以上


第4位 食事と一緒に十六茶 W(ダブル) アサヒ食品



500ml×24本 3540円・・・1本148円
Amazonで価格をみる


食後の糖の吸収と脂肪の吸収をおだやかに、というダブルのはたらきを持っており、Wトクホのお茶として人気があります。

あと、Wトクホ史上初のカフェインゼロということで、妊娠中の女性にもやさしいお茶と言えるでしょう。

十六茶ならではの飲みやすさから多くの方に飲まれているお茶です。

今回は1本の価格で比較しているので4位となりましたが、500mlでこの低価格なので、お得感はすごくあります。だから売れてるのかなと思います。


許可表示:本品は食物繊維(難消化性デキストリン)のはたらきにより、食後の糖の吸収と食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにするので、食後の血糖値が気になる方や血中中性脂肪が高めで脂肪の多い食事を摂りがちな方の食生活の改善に役立ちます。

原材料
食物繊維(難消化性デキストリン)、ハトムギ、大麦、ハブ茶、黒豆(大豆)、アシタバ、ウーロン茶、玄米、熊笹、緑茶、昆布、霊芝、グァバ葉、柿の葉、ゴマ、紅花、ミカンの皮、ビタミンC


第3位 健茶王 すっきり烏龍茶 カルピス



280ml×24本 3048円・・・1本127円
Amazonで価格をみる


食物繊維の働きで糖の吸収をおだやかにする、食後の血糖値が気になる方に適した特定保健用食品の烏龍茶です。

烏龍茶なのでとても飲みやすいということもあって、継続しやすいトクホのお茶の一つと言えるでしょう。

量販店で購入するよりもネットの方が価格は安い傾向にあるので、Amazonなどでまとめ買いするのがおすすめ。

280mlペットボトル1本当たり
エネルギー 13kcal、たんぱく質 0g、脂質 0g、糖質 0.5~2.0g、食物繊維 7.3g、ナトリウム 23mg、カフェイン 50mg
関与成分難消化性デキストリン:6g(食物繊維として)


第2位 体すこやか茶 W コカ・コーラ



350ml×24本 2970円・・・1本124円
Amazonで価格をみる


このお茶も脂肪の吸収を抑える、糖の吸収をおだやかにするW(ダブル)トクホのお茶になります。

中国カンフーを舞台にしたテレビCMで認知度を広めることに成功し、多くの方に飲まれているトクホのお茶。ちなみに動画はこちら↓↓



許可表示:本製品は難消化性デキストリン(食物繊維)の働きにより、脂肪の吸収を抑え、糖の吸収をおだやかにするので、血中中性脂肪が高めで脂肪の多い食事を取りがちな方、食後の血糖値が気になり始めた方に適した飲料です。

摂取上の注意:治療薬および予防薬ではありません。治療中の方は、医師などの専門家にご相談ください。

成分【100mlあたり】
エネルギー 0kcal、たんぱく質 0g、脂質 0g、炭水化物 0g、食物繊維 5g、ナトリウム 40mg、カフェイン 47mg
関与成分:難消化性デキストリン(食物繊維として)5g


第1位 健茶王 黒豆黒茶 カルピス



500ml×24本 2950円・・・1本122円
Amazonで価格をみる


こちらがトクホのお茶(ペットボトル)で価格が安い商品でした。今回は内容量は考慮せず、単純に1本の価格でランキングしたということもあり、健茶王 黒豆黒茶が堂々の1位という結果になりました。

いろいろ調べていると、意外と500mlのペットボトルが大きくてかさばる...という意見もあるようで、この280~350mlぐらいの量が持ち運びを考えると便利なのかもしれませんね。

持ち運びにとても便利なスティックタイプのトクホのお茶もあるので、このあと紹介してます。ぜひご覧ください。



健茶王 黒豆黒茶は食物繊維の働きで糖の吸収をおだやかにする、食後の血糖値が気になる方に適した特定保健用食品のブレンド茶です。

原材料
食物繊維(難消化性デキストリン)、黒茶(プーアル茶)、黒豆(大豆)、烏龍茶、ビタミンC、香料
関与成分 難消化性デキストリン(食物繊維として) 6g


1本86円で持ち運びが便利なトクホのお茶(伊藤園 健康習慣)

健康習慣 トクホ お茶

伊藤園から販売されているスティックタイプのトクホのお茶「健康習慣」

価格も定期購入なら1本86円と経済的。

あと、何よりうれしいのが "かさばらないから持ち運びが便利!" ということです。


ちょっとした出先でも、バッグに忍ばせておけば、いつでも食後血糖値対策ができてしまいます。

小さめのバッグなどに500mlのペットボトルを入れるとなると、けっこう邪魔ですよね。その点、スティックタイプの伊藤園の健康習慣ならそんなことも心配無用です。

定期購入なら買い忘れもないですし、割引で毎回20%OFF...4ヶ月に1回50%OFFとお得。
※定期購入にありがちな注文回数のしばりもないから安心

伊藤園 トクホ お茶

というわけで、実際に購入して飲んでみることにしました。

管理人の購入レビューはこちら! 【伊藤園】公式サイトで定期購入!