血糖値を下げるための毎日出来る運動とは

血糖値を根本から改善するために有効とされ、食事療法とともに始まるのが運動療法です。運動は、糖代謝や脂質代謝を改善して血糖値を下げてくれますから、食事療法とともに、欠かせない療法です。


血糖値を下げてくれるインスリンですが、肥満の人はインスリン感受性が低下して、インスリンの効きにくい体になっています。

血糖値が気になる肥満体の人が、食後に運動をしてこの状態が改善して、食後の高血糖が改善されたという報告もされているようです。


しかし、毎日一定量の運動を続ける必要がありますが、忙しさにまぎれておろそかになったりします。

30分の早歩きでも効果があるのですが、忙しくて時間がないとか、誰かに見られると恥ずかしいとか、やれない言い訳を作って敬遠してしまいがちです。

簡単にできるおすすめの運動

そこでおすすめなのが短時間のスクワットです。

スクワットは短時間でも効果があることが医学的にも証明されていますし、なんといっても家の中で、ちょっとの時間を利用してできるので、毎日続ける運動としてはやりやすいので、是非やってみてください。


また、先ほど出た早歩きですが、お友達やご夫婦でやっておられる方もたくさんいますが、実はおしゃべりをしながらの「ながら運動」ではあまり効果がでないようです。

はや歩きはおしゃべりなしで真剣にやるほうが効果的みたいですね。


また、運動を始める時に気をつけなければいけないのは、肥満体の人がいきなりジョギングしたり、頑張って長時間歩いたりするなど、急に過激な運動をするのは逆効果となってしまいます。

「無理なく」「一人で」「毎日」「いつでも」「どこでも」できる運動が続けるためのポイントです。

続けるということが一番効果があり、血糖値改善の近道です。

まずは私のように、毎日の習慣にしやすい、食後の血糖値の上昇をサポートしてくれる食品や、可能であれば食後の運動などを少しずつでもよいので始めてみてはいかがでしょうか。



 ← 血糖値を下げる方法 に戻る