血糖値測定器の比較

血糖値測定器を始めて選ぶ際、医者と全く話をしないまま購入される方は稀でしょうし、医者と話しているのであれば、何か機器を勧められているのではないかと思います。

具体的には

・病院で使っているもの、またはそのシリーズの機器
・医者が具体的に進めるメーカー、機器

から選ぶことが多いと思います。


しかし、毎日使うものなので、簡単に避けられるようなら自分に合わないものは避けておきたいところです。以下では、自分に合った測定器を選ぶためのポイントを整理してみました。

比較するときのポイント

[使いやすさ]

繰り返しになりますが、毎日、しかも一日に数回、使用することになる血糖値測定器は使いやすいものがよいと思います。では、実際に使いやすいってどういうことなのでしょうか。

多くの商品は、一度試してみればいい、決めるのはそれからでいい、と言われます。しかし、現在、多くの血糖値測定器を自分で試してみて選ぶことのできる病院、薬局等はありません。


多くの人が使いやすさのポイントとして挙げるのは「大きさ」です。

より小さい方がより軽いため使い易い、表示がより大きい方が見やすい、等。

この大きさに関しては、カタログ等でスペック、写真をご覧いただくよりも現物をご覧いただいた方が間違いがないものと思います。

なお、測定結果を音声で案内してくれる測定器も発売されています。
視力の弱った方などにはご検討いただきたい商品です。

[安全性]

血糖値測定器は、副作用がありません。
例えば、美容器具のように合わないと肌が荒れたり、ということは起こりません。

また、採血である程度、身体が傷つくことを購入者は覚悟しています。
そのため、安全性というくくりで語られることは少ないようです。


しかし、採血量が多いと皮膚のダメージも相当なものになります。
また、測定数値の誤差が大きい場合には誤った対応に繋がりかねません。

誤った対応とは、無駄な、場合によっては有害な投薬や食事制限を行ってしまうことです。
そのため、広い意味で、より安全な測定器を検討されることは重要だと思います。


メーカー別に商品を比較してみました!ランキングはこちらから>>




血糖値測定器とは に戻る