血糖値測定器で無痛?痛くない商品はあるのか・・・

血糖値測定器は、針で血を出して、その血の中の血糖値を測る機器です。

どうしても、針で血を出すところでは痛みが伴います。

痛いのが好きな人はあまりいないので、痛みを減らす、または痛みのない血糖値測定器が研究されています。

以下ではそのような取り組みを二つご紹介します。

痛みを伴わない血糖測定

[尿糖測定器]

腎臓は血液中の不要物を漉し取り、尿に含めて体外に排出します。

通常、糖分は身体にとって有用なものなので、肝臓で漉し取られない、従って、尿に含まれて体外に出てくることもあまりないのですが、血中に多くの糖分が含まれていると余分だとみなされて体外に排出されます。

このため、尿の糖分を測ることで、血糖値をある程度知ることが出来ます。


この尿の糖分を測る機械が尿糖値測定器です。

従来は大きな据え置きのものしかありませんでしたが、現在では携帯型のものも発売されています。

尿で計測するため、全く痛みを感じない、という点がこの方式の大きなメリットとなっています。


逆にデメリットとしては、正しい血糖値との差が大きくなりやすい点が挙げられます。

途中に腎臓で漉し取られることから、腎臓がどれだけちゃんと働くかによって、尿糖値から血糖値を推測するのに大きな影響があるのはお分かりいただけるのではないかと思います。

[レーザー光測定器]

技術は年々進歩するものではありますが、従来の延長線上からは、一段外れた次元のものが開発されることがあります。

2008年、長崎工業技術センターがレーザー光を用いた血糖値測定器を開発したと発表して話題になりました。これは、肌にレーザーを当て、その反射を測るだけで血糖値の測定ができるというものです。

実用化まで数年かかるということでしたが、大変残念なことに現時点でも販売されておりません。


しかし、この先、レーザー光による血糖値測定ができるようになると、血糖値測定が痛いという話は過去のものになるはずです。

また、針を使わないことで衛生面での課題がいくつも解決します。

更に、年間数十万にも上る穿刺針やセンサー等の費用がかからなくなる可能性があります。


まとめ

上記のとおり、やはり現時点では、針で出した血液を用いた血糖値測定器で測ることが、血糖値を管理する上で1番の方法ではないでしょうか。

無痛とは言えないかもしれませんが、少しでも痛みを軽減するために各メーカー研究を続けていることでしょう。

少しでも楽に血糖値管理できる測定器にめぐりあえるよう、商品を比較することをおすすめします。


 ← 血糖値測定器とは に戻る