血糖値.jp>血糖値測定器>購入できる薬局

血糖値測定器を購入できる薬局は?

血糖値測定器は医療機器なので、スーパーやホームセンターではなく薬局で販売しています。ただ、どこの薬局にも置いてあるわけではありません。

血糖値測定器を取り扱っている薬局を知る前に、血糖値測定器の販売に関する制度の仕組みを理解しておくことが有用です。一般に医療機器や医薬品の販売は薬事法、という法律で規制されています。

薬事法は、医療機器や医薬品の製造から販売、取扱いまでを幅広く規制する法律です。この内、販売については、誰が、どんな方法で、何を売っていいのか、が規制されています。


何を売っていいのか、は一言で言えば許可されたものを売っていい、ことになっています。また、どんな方法で、とは公告の方法等を定めています。そして問題の誰が、に関する部分ですが、そのモノによって販売できる人が異なります。

例えば風邪薬であれば薬剤師のいる薬局であればどこでも販売できるのに対して、毒薬や劇薬については販売の許可を受けた人が、使用の許可を受けた人(お医者さんです)に対してしか販売できないことになっています。

血糖値測定器の販売

血糖値測定器は、従来は体温計などと同じく、薬局であれば販売できたものだったのですが、平成17年に薬事法が改正されたことにより高度管理医療機器、に指定されました。

この高度管理医療機器を販売するためには、高度管理医療機器を販売するための免許が必要になります。この免許を取得には、役所に届出を出したりという手続きが必要な他、登録料を支払う必要があります。

この登録料が高額なため、どこの薬局でも取り扱うものではなくなり、限定された薬局でのみ販売されるようになっています。


しかし、高度管理医療機器の指定は、血糖値測定器本体についてのみ、が規制の対象であり、その関連する消耗品(穿刺針やセンサー)は対象外です。そのため、消耗品は大抵の薬局で取扱があり購入することができます。

実際に血糖値測定器を販売している薬局について、インターネットで調べてみることができます。どのメーカーのものを購入したいかが決まっていれば、メーカーのホームページで取扱いのある薬局を掲載している場合がありますので、メーカーのホームページを一度見ておかれるといいのではと思います。




 前へ 家庭用血糖値測定器の条件で見る購入のポイント